化石燃料を一切使わない太陽光発電

太陽の光だけで化石燃料は使わない電力

この画面は、簡易表示です


東京で太陽光発電

東京で太陽光発電を導入することについて言えば、山手線沿線内の地域で導入することは発電量を賄うぐらいのまとまった敷地を取ること自体が難しいというのが現状です。
また、高層ビルが建てられている関係上、日照権の問題もありその日当たり自体も十分確保することが出来ない点があります。
高層ビルでも太陽光発電のパネルを設置しているビルもありますが、それでもビルの需要の一部を満たすのみで、やはり電力会社等の外から買電しなくてはならない現状があります。
ただ都心部では難しい太陽光発電についても、郊外の一般住宅ではそれを導入することは可能で、その恩恵を受けることが出来る筈です。
そして、東京の日照時間は年間平均して1800時間を超えますが快晴率が高いこともあり、気象条件からも太陽光発電を導入することは可能な地域です。
特に持ち家がある住宅地が多い山手線沿線の郊外の地域、例えば八王子や町田といった地域では、実際に多くの家庭で太陽光発電が普及しています。
そして、国や東京都によっては補助金の整備が盛んに行われていることもあって、家庭でも太陽光発電を導入の検討をする家庭も多いぐらいです。
具体的には東京都環境局では家庭の分散型電源の確保を支援するための「家庭における創エネルギー機器等」の導入補助という名目で設置するための費用の一部を補助します。
それによると太陽光発電の場合だと1KWあたり100,000円となっています。
国の補助金であると経済産業省が窓口となっており、「住宅用太陽光発電導入支援復興対策事業」および「住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業」として位置づけられています。
その補助金についても2段階構成となっており、1KW当たりのシステム価格が47.5万円を超えて55万円以下のものは1KWあたり30,000円、1KWあたりシステム価格が3.5万円を超えて47.5万円以下の場合であると1KWあたり35,000円の補助金額になっています。
このように補助金を使えば、幾分か設置しやすくなるのも事実で、その申請の仕方についても工事を依頼する業者に聞けば、そのノウハウや情報に詳しい場合もあるので参考に出来ます。