大阪市平野区で設置する

日本の一般的な住宅は狭い国土に建てており、極力土地を有効活用しようと設計しているので屋根の形が不規則な家屋が多いでしょう。null
土地に十分なスペースがあり、家屋の設計を複雑にする必要のない欧米の住宅に太陽光発電システムを設置するケースとは大きく異なり、日本の住宅屋根に太陽光発電システムを設置する場合はソーラーパネルの形が単一では設置面積が少なくなってしまうというデメリットがあります。
大阪市平野区は狭小住宅が多く、屋根の形が複雑な住宅が多いため、ソーラーパネルの形状を多種多様に用意した国産メーカーが製造するソーラーパネルの設置が望ましいでしょう。
国産メーカーは日本の住宅事情に合わせたソーラーパネルや太陽光発電システムを開発、販売しており、限られた設置可能スペースを最大に活用できるよう1cm単位で設置面積を微調整できるソーラーパネルを販売しています。
少ないスペースで最大の発電量を得るには、国産メーカーのシステムがベストな選択となるでしょう。