システムの操作と住吉区の太陽光発電

関西地方でも、停電のリスクが一時期叫ばれました。
そういったこともありまして、積極的に太陽光発電を導入する動きが出てきたのです。
住吉区などもた草のご家庭が一般家庭用の太陽光発電を利用し始めているのです。
自分の家で使う様な電気量を太陽光発電で賄っているようなところも多くなっているのです。
これからも多くのご家庭が太陽光発電を利用していくことが住吉区でもあるでしょう。
積極的に利用していけるように考えていくべきなのではないでしょうか。
そこでその住吉区の太陽光発電システムなのですが、
問題はどのようにシステムの操作をしていけないいのかということなのです。
そのシステムの操作についてなのですが、
具体的に見ていくべき部分としますと、
毎日何らかの操作をしなければいけないのか、
ということを思っている方も少なくはないのです。
確かに、太陽光発電システムはあくまで発電システムです。
毎日、朝が来ましたら発電機能を動かしましたり、
夜になったら発電機能をストップさせなければいけない、
と考えても全く不思議な事ではありません。
では実際に太陽光発電システムなのですが、
住吉区でもどのように操作をされているのかと申しますと、全く操作はしません。
朝勝手に発電を開始しまして夕方になり日が落ちると発電機能を勝手にストップするのです。
パワーコンディショナの活動も、電力が送られてくれば動きます。
そして電力が止まれば動きを止めるのです。
まさに操作は全くしないでよろしいわけです。
ただし、停電時に発電したものを自分の家で使う時には、自立運転に切り替えます。
その時だけ操作が必要です。