池田市で考えています。

今年、本格的な夏になるまでに、
大阪府では夏のピーク時に電力不足が懸念されていました。
経済界からは電力が不足するのではないかという懸念から、
原発を稼働させるようにという圧力がかなりあったと聞きます。
中小企業でもなんとか電力を使わなくて済むように、
さまざまな工夫をしているところが多くなりました。
そのようななかで、一般家庭でも太陽光発電を始める方が増えています。
今年、池田市の補助金を利用して太陽光発電を始めたという方を知っていますが、
今年の夏はかなり発電をしてくれたそうで驚いていました。
それは8月だけでなく、9月も引き続き高い発電量を維持していて、
それは例年にない暑い期間が続いたことにもよるのでしょう。
そのご家庭は新築だったこともあり、
補助金申請関係は住宅会社の営業の方が相談に乗ってくれて、
揃える書類なども滞りなく揃えることができたそうです。
うちは新築ではないので太陽光発電を始めるのなら、
工務店に見積もりのシミュレーションをしてもらうことから始めなければなりません。
工務店のなかには甘めにシミュレーションをするところもあると聞きます。
一つではなくいくつかの工務店でシミュレーションをした方がよさそうです。
うちは典型的な切妻屋根なので、それほど
太陽光パネルが設置できない可能性もあります。null
その場合、どれほど電気代が得になるのかも気になります。
それによって初期費用の回収にどれくらいの期間がかかるかも違ってくるからです。
最近は、太陽光発電を始める工務店も増えていますが、
工務店としても新しく始めた事業では慣れないこともあると思います。
やはり個人で太陽光発電を始めるのなら、
実績のあるところでシミュレーションをしてもらいたいと思います。
太陽光パネルの性能にもよるでしょうが、
設置費用と電気料金が安くなる分を考えてお得になるようなら始めたいと検討中です。
これから性能の良い太陽光パネルが登場することも考えられますから慎重に考えたいです。
いずれにしても、将来的にはつけたいと思います。