池田市で導入

大阪は、関西における中心都市でありながら、太陽光発電の導入に関して言えば助成金の面で後れを取っているという印象があります。
大阪府独自の助成金制度が設けられていないことに加え、ほとんどの市区町村においても独自の助成金制度を設けていません。null
つまり大阪で太陽光発電設備の導入をしようと思ったとき、多くの地域で国による助成金しか受けられないことになり、太陽光発電設備導入の費用が他の助成金が出る地域に比べ、割高になるのです。
そんな中、池田市は積極的に太陽光発電設備の導入を進めている大阪では少数派の都市です。
池田市役所の中に、環境にやさしい課という太陽光発電の導入の相談にはぴったりのネーミングの課があり、ここが受付窓口となって申し込みをすることにより、助成金を受けることができます。
太陽光発電の助成金の目安となる一キロワット当たりの単価も高く、また上限とする額も高めとなっていて、これはかなり太陽光発電システムを導入するのに背中を押してくれる内容となっています。
これに国の助成金が加われば、そこそこ大きな金額になりますから、まだまだ設備導入に費用が掛かる太陽光発電の設置にあたり、うれしい取り組みとなることは間違いありません。
大阪で多くの都市が助成金を出していない中、池田市が助成金を出していたことに驚きましたが、その額が大きかったことも二重の驚きとなりました。
けれどこれは太陽光発電システムを導入しようと考えている人にとっては、ポジティブサプライズとなることでしょう。
このことが池田市で広く伝わり、多くの家で太陽光発電の導入が進んでいくことは、池田市にとってもメリットだと思います。
災害が起こったときも、これから先も節電が必要とされることを考えても、電力供給に不安が残る状態に変わりはありません。
そんなとき、せめて各家庭が昼間のうちにお日様から電気を作っておいてくれれば、市としての機能も保てるのではと思います。