化石燃料を一切使わない太陽光発電

太陽の光だけで化石燃料は使わない電力

この画面は、簡易表示です


地方自治体の申し込み

地方自治体の太陽光発電の導入に伴う申し込み方法については、設置を検討している地域での地方自治体に直接問い合わせることが大切かもしれません。
そして、地方自治体においては予算が厳しい自治体は、そういった補助金に関する予算がほとんど無い所も多いです。
そのため、設置を検討する自治体の方針や懐具合によるところが多いのが実態でもあるのです。
しかしながら、自治体の環境への取り組みをアピールする狙いから、ほとんどの地方自治体において、太陽光発電の推進のための予算を設けている所が多いです。
例えば、東京都の豊島区においては「エコ住宅普及促進費用助成制度」を設けており、申し込みの要件に国つまりJ-PECの補助金申請の対象になっている機器であることを要件としています。
そして、お隣の北区においても、「新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成」があり、太陽光発電の機器が、同じくJ-PECの補助金申請の対象の認証を受けられることが要件になっています。
さらに東京都の西部にある町田市の太陽光発電に関する補助金申請については、「住宅用自然エネルギー利用機器等設置補助金」とされ、設置工事後に申し込める特徴になっている模様です。
このように、各地方自治体によってその取り扱いが大幅に違っていることもあります。
そして、予算が決められており、抽選で決定する仕組みを採用し、早く申請を行った人を優先するといった取り組みがなされている自治体も多いようです。
ただ太陽光発電の補助金申請を行う上での地方自治体の特徴としては、国のJ-PECの要件と適合していることを要件として挙げている点がもっとも多いです。
そのため、国のJ-PECの申請が通ることによって、地方自治体の要件も通るというように、補助金を受けやすくなっている点はあります。
東日本大震災により従来の電力会社依存の電力供給のあり方を見直す狙いもあり、今後も限りない自然エネルギーを利用する上で、太陽光発電は欠かす事が出来ないのです。
そのため、国を始め、各地方公共団体にとっても利用しやすい補助金行政のあり方が問われることとなるのです。